L-チロシンはストレス下の記憶力低下を防止する

L-チロシンは、アミノ酸でノルアドレナリンドーパミンという2つの神経伝達物質の生成に関わっています。

ノルアドレナリンは、「怒りのホルモン」と呼ばれることもありますが、適度に働けば、ストレスに対応して、血圧や血糖値を上げて、やる気や集中力を高めます。

ドーパミンは、快感や幸福感をもたらし、意欲を強くします。

このことから、L-チロシンを摂取することで、脳の働きが良くなり、記憶力アップにつながるのでは、と考えられています。

L-チロシン

「L-チロシンはストレス下の記憶力低下を防止する」の続きを読む…