アルファGPCと記憶力

レシチン(ホスファチジルコリン)の項目で説明したように、コリンは脳内で記憶に関わる神経伝達物質アセチルコリンの材料となります。

今回紹介するアルファGPCは、レシチンよりも吸収性が良く効率の高いコリンの前駆体です。

アルファGPCはかんたんに脳関門を通過してアセチルコリンになるほか、脳細胞膜の形成や脳の可塑性の確保にも関わっています。

アルファGPC

これに加えて、最近ではアルファGPCが成長ホルモンを分泌させることで注目されています。NHKの朝イチでも取り上げられて話題になりました。
そのため、身長を伸ばしたい人が、アルファGPCを飲んでいます。
「アルファGPCと記憶力」の続きを読む…