アセチル-L-カルニチンはアルツハイマーの進行を遅らせる効果が…

アセチル-L-カルニチンは体内で生成されるアミノ酸の1種で、からだがエネルギーを作り出すのをサポートする働きがあります。
そのためダイエット用として宣伝されていることも多いサプリメントです。

一方で、アセチル-L-カルニチンは、脳血液関門を通過して、脳で神経伝達物質であるアセチルコリンの量を増やします。


アセチルコリンは記憶に関わっていて、物忘れや認知症を予防したり改善するのに重要な意味を持つ神経伝達物質です。
たとえば、認知症治療薬のアリセプトは、アセチルコリンが脳内から減るのを防ぐ薬です。

そのためアルツハイマーの進行を遅らせる有効な方法として、アセチル-L-カルニチンのサプリメントを推奨する専門家は多いです。

アセチル-L-カルニチン

「アセチル-L-カルニチンはアルツハイマーの進行を遅らせる効果が…」の続きを読む…