アルファGPCと記憶力

レシチン(ホスファチジルコリン)の項目で説明したように、コリンは脳内で記憶に関わる神経伝達物質アセチルコリンの材料となります。

今回紹介するアルファGPCは、レシチンよりも吸収性が良く効率の高いコリンの前駆体です。

アルファGPCはかんたんに脳関門を通過してアセチルコリンになるほか、脳細胞膜の形成や脳の可塑性の確保にも関わっています。

アルファGPC

これに加えて、最近ではアルファGPCが成長ホルモンを分泌させることで注目されています。NHKの朝イチでも取り上げられて話題になりました。
そのため、身長を伸ばしたい人が、アルファGPCを飲んでいます。

アルファGPCの効果

アルファGPCは、老若問わず、注意力・記憶力・認知機能の向上に効果があります。若い人の学習サポートから高齢者のボケ防止、アルツハイマー患者の症状緩和にも使われています。

1.若者に10日間各種メンタルテストを行わせたところ、アルファGPCを摂取したグループの方が優位であった。とくに言葉を思い出すテストで効果が認められた。また長時間作業による注意力の低下にも有効であった。

2.2001年に認知症の患者に行われた調査、2003年にアルツハイマー型認知症患者を行われた調査でも、アルファGPCを摂取することで、症状が緩和し、認知テストのスコアも良くなった。

アルファGPCの摂取

アルファGPCは母乳に豊富に含まれ、赤ちゃんの脳の発育に大きく貢献しています。

赤ちゃん以外は、サプリメントで摂るのが一般です。
サプリメントでは、大豆レシチンより生成されたものが市販されています。
1日の用量は、300-600mgとなっています。

おすすめのアルファGPC

コスパに優れたアルファGPCサプリメント
一般的にアルファGPCは、レシチンに比べると価格が高く、1月分で1万円を越すものもありますが、NOW社のは2000円台とリーズナブルです。

アルファGPC NOW社


アルファGPC

【 関連記事 】
レシチンの効果とおすすめサプリメント